バイクの保険には、法律で加入が義務付けられている自賠責保険と、任意のバイク保険の2種類があります。

バイク保険の基礎知識とその重要性について

車社会の現代でも、バイクを利用する人は少なくありません。車よりも購入資金が少なくすむ、維持費が安いなどバイクの利用にメリットを感じる人々は多いかと思います。
最近では250ccを超えるバイクも人気が高く、単に利便性の高い乗り物としてだけではなく、ファッション性の面からも高い人気を得ています。バイクを乗る上で忘れてはいけないのがバイク保険です。
今回はバイク保険の基礎知識とその重要性について説明したいと思います。

バイク保険は大きく分けて自賠責保険と任意保険の2種類に分けられます。まずバイクを乗る上で絶対に加入しないといけないのが自賠責保険です。ただしその補償範囲は狭く、他人の生命や身体への補償に限定されます。つまり人身事故の時の相手方への補償しかありません。

そこでこの足りない部分を補う保険として位置づけられているのが任意保険です。
任意保険の補償は加入する保険によって様々ですが、対物賠償や入院や通院までの補償など手厚い補償となっています。中にはレッカー費用や事故の際に壊れてしまったカメラなどの修理代までを補う補償特約保険もあります。

任意保険の加入有無はあくまでも任意となっていますが、安心してバイク生活を送る上でぜひ加入しておくべき保険だと言えます。実際バイク事故は自動車事故に比べて1.5倍にもなるというデータも存在します。
自分がカバーしたい補償内容を精査し、バイク保険を検討してみてください。キレイモキャンペーン